2020.07.22(水曜日)

Do You Remember House!?

OSAKA HOUSE MUSIC PARTY! キャミソール・タンクトップの女性入場無料(要D)!!先着20名様限定DJ YOKU MIX CDプレゼント!

OPEN20:00 ~ LATE

PRICEM/L ¥2500 1D

ACTISE (SEXY TRAX) / Daisuke Miyamoto (Orienta-Rhythm) / Yoku(A Hundred Birds) / KEIJI SHIMAZAKI(zerozero) / GENKI

GENREHOUSE

・日本におけるハウスミュージック黎明期より関西をベースに深くシーン携わり、長きにわたって牽引し続けてきたレジェンド達が大集結。オンアンドオンがハウスミュージックラバーの為に贈る、年1回のセッションパーティー、”Do You Remember House!?”。7回目の今回も旧譜、新譜を問わず、ガラージ、ディープ、ソウルフル、ジャッキン、ハード、アフロ、テックといった幅広い選曲でお届けします。豊富なキャリアと輝かしい実績を持つDJ達による「ハウスミュージックパーティー」を是非とも体感しに来てください。

▶︎DJ ISE (SEXY TRAX) 説明不要の関西ハウスシーンの重鎮であり、生きる伝説(Living Legend)。1989年、関西初のハウスミュージック専門クラブ「X-RAY」において、土曜日のレジデントDJを務める。その後渡米、NYに在住。1994年、ハウスミュージック専門クラブ「VINYL」をプロデュース。その後11年間にわたり、後に伝説のパーティーとなる同店の看板パーティー「SEXY TRAX」のレジデントDJを自ら勤め、毎週土曜日10時間以上にわたるロングセットを披露していた。
▶︎DJ YOKU (A Hundred Birds) 1989年より大阪をベースにDJ活動を開始。'93年から2年間渡英し、そのDJ活動の範囲を拡大する。自身のユニット、"A Hundred Birds"名義でのサウンドプロダクションワークでも彼の才能は遺憾なく発揮されており、発表したタイトルはそのいずれもが国内外で高い評価を得、クラブヒットとなった。ライブ活動も精力的に行う彼は、クラブミュージックファンのみならず幅広く支持されている。
▶︎Keiji Shimazaki (ZERO ZERO) 1989年、DJ活動をスタート。数々のクラブでのプレイ経験を経て、原点回帰するべく渡米。帰国後、後に世界を席巻するユニット「ZERO ZERO」を結成。発表した数々のタイトルは全世界のDJ達にヘビープレイされ、ワールドワイドに旋風を巻き起こした。その後、様々なクラブのオープニングに携わり、今なおDJとして精力的に活動している。
▶︎Daisuke Miyamoto (Orienta-Rhythm) 87年、京都市内のディスコにおいてDJとしてのキャリアをスタート。97年、DJ活動と平行してProducers Team "Orienta-Rhythm"をDJ Kennyと共に結成し、リミックスやプロデュース作品を量産。現在も"Orienta-Rhythm”のメンバーとして広く活動。個人名義でもアメリカのレーベルより3タイトルリリースしており、中でも世界中のDJ達にプレイされ、"Tony Humphries"のTOP10チャートにもランクインした「Pianofunk」はヒットタイトルとなった。